<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告 edit
相棒 1st-6、7
6『死んだ詐欺師と女美術館長の指紋』
7『殺しのカクテル』

6話。
右京さんが絵画展に足を運んでいるところから話は始まる。
この時点で犯人が分かるのだけど・・・いやタイトルで分かってるか( ̄∇ ̄;)

とりあえず見所は
再びヒロコママ登場。
お店の名前が“髭と薔薇”だって(笑)

vsイタミん
体当たり攻撃はやっぱり体重の差か跳ね返されちゃってる。
残していく言葉が『バカタレ』て子供かよ~
でもそれを追いかけていく薫ちゃんもまた子供だな(笑)

生きているうちに何か出来なかったのか・・・。
残された人間はやるせないやねぇ。

7話はおばさん登場!
おっとりしてんだけど何処かズレてる。
犯人は最初っから分かってるパターンだった。
美和子と薫ちゃんがケンカ。
最後には俺達も・・・ってなんかいい感じに収まってるけど
後々をみると、この光景は哀しすぎるぞ。

見所は
パトカーのサイレンが鳴り響く中
杉下警部ーーーーっ!!と車内から手を振って
大声を張り上げ右京を呼ぶ米沢さんと
鑑識くんを買収する右京さんの図ですか。
二人とも何やってんだ。

1課は犯人を最初っから除外して考えちゃってたねぇ。
除外したから右京さんは行ってみたのか
それとも、別の理由だったのか・・・。
そんなことよりも伊丹ちゃんの敬語使ってる様にビックリ。
出来る男みたい(出来てないけど)

今回は
あのカクテルをつくると決めたところがよかったなぁ。

===
たかシ⇒芹沢くんが5日から相棒の撮影に入られた模様。
始まったんだねぇ~。
スポンサーサイト
2005/08/05(金) 相棒 trackback:0 comment:0 edit

trackback url
http://aibou.blog4.fc2.com/tb.php/201-ba20499d
trackback
comment


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。