fc2ブログ
<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>
相棒関連メモ
いただいた情報を掲載。なんかあったらいつものように、ちょっとずつ追加予定。

■川原・大谷・山中
雑誌 TVぴあ
2008年10月22日号 捜一インタビュー・写真あり、カラー1ページ。

■寺脇康文・鈴木砂羽
2008/10/22 ナニコレ珍百景 テレ朝系

寺脇康文
■雑誌
10/20発売「DVDでーた」
10/20発売「DVDvision」
10/24発売「TRUE VIEW」※学研新創刊雑誌
<フリーペーパー>
10/20発行「VA」※TSUTAYA セル店頭販促誌

■映画
悲しいボーイフレンド 主演
2008年11月下旬 TOHOシネマズ西宮OS オープニング&先行上映
2009年陽春 全国順次ロードショー

■舞台
『マルグリット』予定日程は↓
2009年2月10日(火)~19日(木) 東京 赤坂ACTシアター
2009年2月25日(水)~3月5日(木) 大阪 梅田芸術劇場
2009年3月12日(木)~29日(日)  東京 日生劇場

■メモ
益戸育江(高樹沙耶)さん
↑2008年9月26日づけで名前変更

■六角精児
『スクラップティーチャー』日本テレビ
レギュラー出演 2008/10/11スタート 21:00~
同日15:30~16:00まで特別番組「徹底ガイド」あり

■水谷豊・寺脇康文・田中実ほか
【再放送】関西地方…刑事貴族3 第1話
2008/10/14 15:50~16:53 よみうりテレビ

SPECIAL EDITION
水谷豊さんのDVD発売。
SPECIAL EDITIONSPECIAL EDITION ¥ 2,940
SPECIAL EDITION(DVD+HQCD)
SPECIAL EDITION(DVD+HQCD) ¥ 3,990
の2つがあり、SPECIAL EDITION(DVD+HQCD)の方には
アルバム「TIME CAPSULE」を高音質で聴くことができるHQCDなど豪華特典を封入
※初回限定盤は、縦25.5cm×横14.5cmの豪華パッケージ

■発売日:2008/12/24、発売元:エイベックスイオ
■初回封入特典
 コンサートチケット申し込み用紙
 直筆サイン入り等身大「水谷豊」スタンド応募券
■内容
 極秘行ったライブLIVE -TIME CAPSULE-」の模様や
 カリフォルニアコネクションのビデオクリップなど。

↑発売日の12月24日ってクリスマスプレゼントですかね~。
2009年、コンサートツアーが決定とかってインフォメーションがあるんですが
ツアー、ツアーという言葉に呪い・・じゃない、祈りを込めたい(笑)
こっち方面にも来て~来て~。

==放送終了==
水谷豊さん 2008.10.07
あなたが聴きたい 歌の4時間スペシャル TBS 出演
出演時間は8分くらいでしょうか。安住アナとのトークの後に歌。
服装・・・下はジーンズ、上は黒地に白の水玉模様のシャツ、白いジャケット。
髪の毛はふわっとしていて、眼鏡ありでカリフォルニアコネクションを歌われていた。
前回怒涛の番組出演ラッシュ時とはまた違った印象でしたなぁ。
トーク部分は歌について、カリフォルニアコネクションについて。
「若い頃の恋愛を歌った唄だけれど、今でも普通に歌える」とか。
心もそうかもしれないけど曲調が今の年齢の曲調にあっている
ってのも変わらず歌える背景にあるんだろうねぇ。
蘭さんは歌を聴いて何か言っていたかと聞かれると
「人が傷つくようなことは言わない方なんで」と。面白い表現してました(笑)

山西惇さん 2008.10/6(月)
TBS月曜ゴールデン「警視庁三係 吉敷竹史 幽体離脱殺人事件」
CM見てたらなんとも言えないシーンで(苦笑)チラッと登場してました。
↑なんとも言えないシーン=死んでる所の映像だったので
開始しばらくして殺されて出番終りでそんなに出ないのかなと思っていたら
予想外の速さで・・・( ̄∇ ̄;)
出たと思ってら即効か、冒頭も冒頭すぎだ(笑)
そのわりには出番が結構あったりアップになって映ったり。予想外だぁ。
役は
▼坂上明男(さかがみあきお)
▼身長?178、体重?68、年齢49歳
▼川崎市在住
▼交通違反前歴者
▼朝売新聞勤務、勧誘員として1年働くが、態度が悪いため退社
▼金がなかった
スポンサーサイト



2008/10/06(月) 相棒 trackback:1 comment:15 edit
劇場版 さらば電王 ファイナル・カウントダウン
さらば電王を見に行ってきました。昨日。小さなお友達と。
はて、どこまでネタバレしていいものやら。

映画の前に、というよりコレも映画の一部ですかね。
恒例のイマジンあにめから開始。
今回の最後にかけて「最後といいながら続く事はないのか?」
というモモタロスの問いに続いてもいい事がないと
名作アニメを例をあげて答えていくウラタロスのお話。
面白いんだけど子供には分からなそうなネタで
主に笑い声が聞こえるのが親だったような(笑)
とりあえずリュウタ頑張ってたよ~とだけ言っておこう。

楽しいイマジンあにめの後に本編開始。
空から街を映し出した映像に少し怖く怪しい音が流れて何か始まるぞという予感をさせられる。
そんな怖い雰囲気の中、突然現れた一つの列車。
周りには霊魂が飛び交い人々の前を通り過ぎて、また突然消えてしまった。
そんな現象がおきているとも知らず今日も仲良く騒いでいるタロスとコハナの前に
イマジンと謎の仮面ライダーが現れタロスたちに襲い掛かってくる。
タロスたちはイマジンに立ち向かい倒そうと試みるが、一人のライダーが良太郎である事を知る。
良太郎はどうしてしまったのか。これでは手が出せない!
と手を出す事を戸惑っていると侑斗とデネブが現れる。
しかし彼らも相手が良太郎だと知り立ち向かう事が出来ずにいた。
そこへまた謎の仮面ライダーがやってきた。その男は、良太郎の孫だと名乗った。

あらすぎる冒頭のすじは↑ってな所でしょうか。
孫が変身して出てきたんだったか人間で出てきたんだったか忘れたので
思い違いがあるかもしれませんが(ヲィ)だいたい、こんな感じかな~。
公式サイトへ行くといいよ(投げた)

妙な懐かしさと、でもさらばなのか・・・との不思議な気分で見始めました。
内容は、まぁ、こんなもんかなぁと(ヲィ←いや、苦手分野があったもんだから)
でも緊迫するようなシーンあり、絆や思いを見せ合うシーンありで
いつも騒がしいのに決める時は決める彼らがカッコよかったよ。
敵もカッコよいのだけれど
個人的にはオーナーが爽やかに頑張っている所が一番良かった(笑)
↑脳裏にこびりつく妙にインパクトのある表情、これは見るべきだと思う(笑)
他にも一番頑張ってない彼の優雅な登場もあり
杉田くんnotキバットの声が聞けるところもあり
ハナちゃんの強さ、デネブのおかんっぷりも必見で見所は沢山。
いつの間にかデネブが大所帯のおかんになっていて
途中それを気遣うおばちゃん達の強さとデネブの愛され具合に脱帽だ。
新キャラのテディは礼儀正しくキッチリしていて
騒がないデネブ、煩くないデネブっぽかった。
とりあえず以上、感想・・・にはならなかったなぁ(汗)
詳細は劇場で。

入場者特典はモモタロスとリュウタロスをゲット。
ずっとシールだと思ってたけどマグネットだったんだなぁ。
小さなお友達はリュウタロス好きなので嬉しがっていたが
ご飯食べに行ったところでなくして帰って来てたよ( ̄∇ ̄;)
あと劇場に置いているガチャガチャにレッツトライ!
放送中にはいつも仮面ライダーのガチャポンがあるところを探しても
なかったのに、はじめて見た電王のガチャポンに感動したっ!!
2008/10/06(月) 仮面ライダー trackback:1 comment:0 edit